帯状疱疹後神経痛の疼痛は半端ではない!

帯状疱疹が重症化して眼が・・・ | bjkun の続編である。

このところ、疼痛がますます酷くなったような感じである。寝ると強烈に痛み(焼けるような痛み)だすので、毎日2~3時間の睡眠で、日中はうつらうつらで生活にも多大なる支障をきたしている。

昨年暮れに1周間の入院で“バルトレックス”の点滴を受けて、現在では“お岩さん状態”を脱したワケであるが、所謂“帯状疱疹後神経痛”で毎日が痛みとの戦いである。発症から1ヶ月半と云うことは、以下の図からすれば、戦いはこれからかもしれない。

maruho_hifuka-130124.pdf

今年はじめから“帯状疱疹後神経痛”が酷くなったワケであるが、処方された薬は“リリカ”で、まったく効果がないのでやめてしまった。余計に痛みが酷くなるような感じがしたからである。その後“星状神経節ブロック注射”と“スーパーライザー”と“トラムセット”で対処している。

“星状神経節ブロック注射”は、第1週は4回、第2週は2回、そして第3週からは週1回として通院しているが、効果はまったく自覚できていないのが現状である。“スーパーライザー”もしかりである。ただ、“トラムセット”は効いたり効かなかったりで、最近は我慢できない疼痛に限り使用することにしているが、上限の1日8錠を超えることも。なるべく抑えるようにはしているが。

ここ数日は眼の周囲の腫れが酷く、眼の痛みも尋常ではない。眼科へ行っても気休めの点眼液しか処方されないので困惑している。眼には異常はないので仕方ないのは理解しているが・・・。

いずれにしても、疼痛が半端ではない。

麻薬系の鎮痛薬が欲しいところであるが、“癌”以外では医療保険が適用されないこともあり、現状では内服剤としては“トラムセット”が最後の砦だと認識している。

帯状疱疹後神経痛で眼に激痛 | bjkun
最終更新日: